FAQ

トライアルについて

Q.

無料トライアルの開始方法がよくわかりません

A.

無料トライアルの開始方法についてまとめた資料がございますので、以下のURLからご参照ください。
http://bit.ly/MsmxSheetInstallNavi
(上記URLのアクセスの際に権限を求められる場合は、一度ブラウザをプライベートモードにした後で再度URLにアクセスしてみてください)

Q.

無料トライアル版と製品版で利用できる機能に違いはありますか?

A.

無料トライアルの際にセットアップする製品パッケージと、ご契約後に利用する製品パッケージは全く同一であり、利用できる機能にも差異はありません。無料トライアルの期間中は、ユーザに対してライセンスを割り当てる必要なく、組織内のすべてのユーザが利用することが可能です。

Q.

無料トライアル期間はいつからカウントされますか?

A.

AppExchangeサイトよりMashmatrix Sheetパッケージの「インストール」作業を完了していただいた直後からとなります。

Q.

Salesforceの管理者アカウントがない場合でも製品のトライアルは可能ですか?

A.

無料トライアルの開始には、Salsforceの管理者アカウントが必要となります。Salesforceの管理者アカウントがない場合は、無料トライアルとは別に、実際に製品にアクセス可能なオンラインデモ環境をご用意しております。詳しくは [トライアルの開始] からお申し付けください。

Q.

無料トライアルとオンラインデモの違いは何ですか?

A.

無料トライアルでは、お客様が契約されているSalesforce組織のデータを利用してMashmatrix Sheetのフル機能を30日間お試しいただけます。オンラインデモは、弊社が用意している共通の環境で製品の機能をお確かめいただけます。オンラインデモへのアクセスにはSalesforceアカウントは必要ありませんが、データはあらかじめ用意されたもののみとなり、またデータの書き込みなど一部の操作に制限があります。

Q.

無料トライアル期間が終わったあとは解約手続きをする必要がありますか?

A.

解約の手続きの必要はありません。30日のトライアル期間が終了した時点で、インストールいただいたMashmatrix Sheetアプリケーションは御社の組織からご利用いただけなくなります。 またトライアル終了後に自動的に課金が発生することはありませんので、ご安心下さい。

Q.

無料トライアル期間の延長は可能ですか?

A.

原則として延長はできませんが、どうしても無料トライアル期間の延長の必要がある場合については、営業担当までお申し付けください。

契約について

Q.

ライセンス購入の申込みはどのようにしたらよいですか?

A.

お問い合わせフォーム から、または sales@mashmatrix.com 宛にメールで「利用するライセンス(ユーザ)の数」「利用開始予定日」をお送り下さい。 弊社より注文書フォームをお送りいたします。 その後、弊社のサービスに関するマスタサブスクリプション規約(http://www.mashmatrix.co.jp/msa.html )を確認の上、注文書に必要事項を記載いただき、PDF/FAXなどでご返送いただきます。 弊社側で注文書を受け取りました段階で契約締結となります。 利用開始日の前日までに、注文書にてご指定いただいた請求宛先に請求書をPDFにて送付させていただきます。

Q.

注文の際には、利用しているSalesforce組織に存在する全ユーザーアカウント分を申し込む必要がありますか?

A.

Mashmatrix Sheet の利用ライセンスをご契約いただくユーザー数は、必ずしもSalesforce内のユーザ数と一致する必要はありません。最低1アカウントからのご契約が可能です。例えば、500ユーザーで運用されているSalesforce組織において、そのうちの50アカウントのみでMashmatrix Sheetをご利用されたい場合においては、50ユーザー分のライセンスをお申込みいただくことで構いません。

Q.

最低の契約期間は何ヶ月になりますか?

A.

原則として1年(12ヶ月)を最低契約期間とさせていただきます。 お支払いについては月払い/一括払いを選択可能ですが、年間のご契約額が180,000円未満(定価で10ユーザ未満)のご注文につきましては一括でのお支払いをお願いしております。

Q.

契約後、Mashmatrix Sheetの利用ユーザー数を追加したいが、どのようにしたらよいですか?

A.

契約期間途中でのライセンスの増加に関しては sales@mashmatrix.com までメールをお送り下さい。 増加分のライセンスの契約期間については、ご指定の開始日から既存の契約の契約終了日までとなり、請求に含まれる利用期間については月単位で切り上げて計算されます。 また、お支払いに関しては、既存の契約が月払いの場合には以降の請求に増加分のライセンスの月額が加算され、一括払いの場合には増加分について一括でお支払いいただきます。

Q.

契約後、Mashmatrix Sheetの利用ユーザー数を削減したいが、どのようにしたらよいですか?

A.

契約期間終了の5営業日前までに、ライセンス数の削減について弊社までご連絡下さい。 なお、既に契約済みの期間のライセンス料の支払を取り消すこと、および支払済みの料金を返金することはできませんのでご容赦下さい。

Q.

Mashmatrix Sheetを解約したいが、どのようにしたらよいですか?

A.

契約期間終了の5営業日前までに弊社までご連絡下さい。 なお、既に契約済みの期間のライセンス料の支払を取り消すこと、および支払済みの料金を返金することはできませんのでご容赦下さい。

製品について

Q.

ユーザーマニュアル等はどこからダウンロードできますか?

A.

以下のURLからオンラインヘルプ(ユーザガイド)を閲覧できます。
http://bit.ly/MsmxSheetOnlineHelpJa また、製品のアプリケーションメニュー内の「ヘルプ・ユーザガイド」からも上記サイトにアクセス可能です。

Q.

Mashmatrix Sheetの使い方についてまとまっている資料はありますか?

A.

はじめてMashmatrix Sheetを利用される方のために、以下のURLにスタートアップガイドを公開しております。
http://bit.ly/MsmxSheetGettingStarted
(上記URLのアクセスの際に権限を求められる場合は、一度ブラウザをプライベートモードにした後で再度URLにアクセスしてみてください)"

Q.

Salesforceが標準で提供しているリストビュー/レポートとはどこが違いますか?

A.

Salesforceのリストビューでは、取得できる内容はあらかじめ対象となるオブジェクトに存在している項目に限られ、オブジェクトをまたがって情報を取得することができません。また、レコードの一括編集についてもあまり直感的ではありません。 Salesforceのレポートは、多彩な条件を指定してレコードをデータベースから抽出できますが、抽出したレコードの編集をその場で行うことはできません。また、レポートの作成にはある程度の経験や学習が必要なため、一般ユーザがレポートの使い方を学ぶためのコストを掛けることができるかどうかがネックとなります。Mashmatrix Sheetを使えば、Excelの操作方法を習得しているユーザであれば無理なく利用ができるため、初期の学習コストも必要なく、自由にデータを閲覧・編集することが可能です。

Q.

他社が提供している製品とはどこが違いますか?

A.

Excelのように簡単にSalesforceデータを編集できる製品は、大きく分類して「クラウド型」「Excelプラグイン型」の2種類ありますが、それぞれに特長があります。 一般的に「Excelプラグイン」型では、Excelのフル機能を利用できる反面、Salesforce CRMの機能と連動した利用にはあまり向いていません。 Mashmatrix Sheetは「クラウド型」の代表製品です。特に、長年のSalesforce製品開発やコンサルティングのノウハウが詰め込まれていますので、Salesforceユーザにとって「かゆいところに手がとどく」製品となっています。

Q.

画面に表示しているデータをエクスポートすることは可能ですか?

A.

CSVダウンロード機能を利用して、CSVファイルとして出力が可能です。詳しくは以下の資料/動画をご覧ください
https://youtu.be/fzizAHsJ-mw

Q.

Excelからデータをインポートすることは可能ですか?

A.

コピー&ペースト機能を利用して、Mashmatrix Sheet経由でデータをSalesforceにインポート可能です。 詳しくは以下の資料/動画をご覧ください
https://youtu.be/imMI7tn2-2I
https://www.mashmatrix.co.jp/blog/posts/nodateloder.html

Q.

作成したシートをメンバー間でシェアすることは可能ですか?

A.

はい、可能です。作成したブック/シートを共有フォルダ内に保存することで、フォルダを共有したメンバーに対してシェアすることが可能です。 詳しくは以下の資料/動画をご覧ください
https://www.mashmatrix.co.jp/blog/posts/share.html

セキュリティについて

Q.

Mashmatrix Sheetのセキュリティ面でのアーキテクチャはどのようになっていますか?

A.

Mashmatrix Sheetは、信頼性の高いSalesforceプラットフォーム上で構築されており、ご契約中のSalesforce組織以外の外部サーバ/サービスに対してお客様のデータを送信したり保管したりすることはありません。そのため、最もセキュリティ要件の高い環境においても、安心してお使いいただけます。

Q.

Mashmatrix SheetはSalesforceの外部のサーバにデータを送信または保存していますか?

A.

契約中のSalesforce組織以外の外部サーバ/サービスに対してお客様のデータを勝手に送信したり保存したりすることはありません。

Q.

Mashmatrix Sheetを本番環境に導入することによって既存のシステムに対して影響を及ぼすことはありませんか?

A.

Mashmatrix Sheet アプリケーションパッケージに含まれているオブジェクトおよびその他のメタデータ定義は、すべてSheetアプリケーション内でのみ利用するものであり、既存のSalesforceオブジェクトへの影響をあたえるようなもの(例:既存オブジェクトに対するトリガ、ワークフロー、カスタム項目の追加)は含まれません。
オブジェクト/タブ数などの制限については、Mashmatrix Sheetに含まれるものは制限のカウントから除外されますので、影響を与えることはありません。 APIアクセスについては、アプリケーション内において一部利用しておりますが、データの取得時にアクセスされるものではなく、頻度としては多くありません。そのため、組織全体でのAPI制限に大きな影響を与えるものではありません。"

Q.

Mashmatrix Sheetの利用にあたって、Salesforce組織のデータへのアクセス権を与える必要はありますか?

A.

Mashmatrix Sheetで取り扱うデータは利用するユーザがアクセス可能なデータのみとなります。Mashmatrix Sheetの利用のために特別にデータアクセス権を開放する必要はありません。また、お客様自身によるアプリケーションの利用以外で勝手にお客様のデータにアクセスすることはありません。ただし、お客様から明示的な同意を得た場合に限り、サポートサービスなどの目的において弊社内のアナリストがお客様のデータへのアクセス権を一時的に取得しアクセスを行うことがあります。

Q.

Salesforceの共有ルールや共有設定は反映されますか?

A.

はい、すべてのオブジェクトに対して、Salesforceでの共有設定および共有ルールに則った形でレコードデータを表示および編集できます。編集権限のないレコードを編集し保存した場合にはエラーが表示されます。

Q.

Salesforceの項目レベルセキュリティは反映されますか?

A.

シートへの項目列の追加時には、シートの作成者に対して設定されている項目レベルセキュリティ設定を考慮して列のアクセス権限が設定されます。ある項目に対して編集権限を持たないユーザがシートにアクセスした場合は、同項目を含む列の編集はできますが保存の際にはエラーとなります。また、同項目に対して参照権限を持たないユーザがアクセスした場合は、データ表示の際にエラーになります。

Q.

シートからレコードの更新をできないようにすることは可能ですか?また、特定の列のみ編集を不可能にすることは可能ですか?

A.

はい、シートごとにレコードの新規作成/更新/削除などの可能な操作を指定して制御することが可能です。また、編集可能な項目を含む列に対しても、列の設定から編集を不可に設定することが可能です。

まずは、30日間無料トライアルから始めませんか?