機能 | 株式会社マッシュマトリックス

機能の動画一覧

参照値をピックアップしてフィルタしよう

Mashmatrix Sheet 19.0 より、フィルタの際に値を直接入力するのではなく、参照する値をピックアップして選択できるようになりました。
本動画では「現在ログインしているユーザと、同じ部署のメンバーが所有している商談を表示」を例にフィルタ方法を紹介しています。

【便利機能】Excelからそのまま転記

【Excelからそのまま転記】
Salesforceの外に保管されているデータも、Excelからのコピー&ペーストでらくらく転記。わざわざデータローダを使う必要はありません。

【基本機能】一括編集

【一括編集】
閲覧しているデータをそのまま編集可能。選択リスト項目はプルダウンで、参照項目はルックアップ形式でデータを選べます。さらにキーボードショートカットを利用して、コピーアンドペーストでデータを一括更新することも可能です。

カスタム連動シート(ケースと商談)
関連のないオブジェクトを連動表示しよう

【カスタム連動シート】
この動画では、「ケース」に「商談」のカスタム連動シートを追加する手順をご紹介しています。
サポート対応の際、ケースを見ながら対応中の取引先に関連している商談情報(過去商談内容や営業担当者など)を確認できます。

カスタム連動シート(商談と取引先責任者)
親レコードの関連先を連動表示しよう

【カスタム連動シート】
「商談」シートから、親レコード(取引先)の関連先である「取引先責任者」のデータをカスタム連動シートとして表示しています。(取引先IDをキーにしてフィルタ)
商談レコードを切り替えながら、取引先責任者のデータを連動表示できます。

時系列マトリックス 作成方法(1)
取引先ごとの月次予実管理

『時系列マトリックス変換』(オプション機能)の作成方法です。 この動画では、取引先に関連している「予実」という予算/実績値を格納するカスタムオブジェクトが作られている環境を想定しています。

時系列マトリックス変換 作成方法(2)
プロジェクトごとの日次工数管理

『時系列マトリックス変換』(オプション機能)の作成方法です。この動画では「リソース割当」に関連している「日次工数割当」という工数を格納するカスタムオブジェクトが作られている環境を想定しています。

【便利機能】埋め込みシート

【埋め込みシート】
作成したブック/シートをレコードの詳細画面に埋め込んで配置できます。レコードのIDで絞り込みができるので高機能な関連リストとして利用できます。

【基本機能】列固定/自由なスクロール

【列固定/自由なスクロール】
大量のデータも縦横方向に自由にスクロールできます。横スクロール時にもレコードの情報を見失わないよう、左端の列を固定するよう指定できます。

まずは、30日間無料トライアルから始めませんか?