TIPS | 株式会社マッシュマトリックス

TIPSの動画一覧

はじめて講座 第1弾
〜基本的な『Sheet』の使い方〜

初心者・トライアル中の方向けのはじめて講座第1弾です。
「Sheet」を使う上で一番最初に知っておくべき基本操作についてご紹介しています。「Mashmatrix Sheet について」「ブック/ シートの作成」「シートについて」「ソート/フィルタ」「データ編集」 「 一括編集」など

埋め込みシートの作成方法
(Lightning Experience 環境)

【連動シートを埋め込もう!】
作成した連動シートをレコードの詳細画面に埋め込んで配置できます。レコードのIDで絞り込みができるので高機能な関連リストとして利用できます。

外部IDをキーにして、参照関係のあるデータをExcelから取り込む方法

「Sheet」は、参照先レコードの名前表示項目を、外部IDなどの参照先オブジェクト内の任意の項目を選んで変更できます。
この機能を使えば、Excelからのデータを取り込む際に外部IDでの関連付けが可能になり、データ取込がExcelからコピペでかんたん転記できます。データローダは必要もありません!

はじめて講座 第2弾
〜『Sheet』と「Excel」の連携〜

初心者・トライアル中の方向けのはじめて講座第2弾です。
本動画では「Excelデータの取込み」「Excelへのデータ書き出し」「csvダウンロード」の簡単な方法をご紹介。データローダを使わずにSalesforceデータの一括登録ができるオススメの便利機能!

はじめて講座 第3弾
〜アクションボタンによるレコード一括操作〜

初心者・トライアル中の方向けのはじめて講座第3弾です。
本動画では、選択したレコードに対して一括で操作を適用できる『アクションボタン』の操作方法や活用法をご紹介しています。「新規ToDo作成」や「キャンペーン一括追加」などもあっという間にできますよ!

シート内データ列の作成方法

【シート内データ列】
Salesforce管理者権限がなくても、自由に列の追加ができる便利な機能です。データベースに数十万件あってもパワフルな動きを実現。

SalesforceのタブにSheetを表示する(classic環境)

【SalesforceのタブにSheetを表示する】
SheetをSalesforceのタブで表示することにより、頻繁に使うシートやブックへのアクセスがより早く便利に。もちろん閲覧だけでなく、編集作業も可能です。

埋め込みシートの作成方法(Salesforce Classic 環境)

【埋め込みシート】
作成したブック/シートをレコードの詳細画面に埋め込んで配置できます。レコードのIDで絞り込みができるので高機能な関連リストとして利用できます。

関連先項目を表示してToDo情報を分かりやすく表示する

【関連先項目を表示してToDo情報を分かりやすく表示する】
Salesforceの標準機能では、参照先レコードの名前しか表示できませんが、Sheetを使えば参照先オブジェクトを指定し任意の項目をSheetに表示できます。

まずは、30日間無料トライアルから始めませんか?