Mashmatrix ブログ

業務のお悩みSheetで解決〜BEFORE/AFTER物語〜


BEFORE

こんにちわ。営業マネージャーのA田です。私の会社では、営業活動の管理のためにSalesforceが導入されましたが、残念ながらまだまだうまく活用されていません。
Salesforceの操作方法はちょっと初心者には難しく、Salesforceに不慣れな営業メンバーは、活動入力、進捗状況の更新を各々のPCにExcelで管理してしまっているものも多いです。
そして営業メンバーの一人一人が扱う案件が多いため、それぞれに対しフェーズを変えてくの大変だという声もあります。
そのため、営業マネージャーの私は現場の進捗を把握できず、しかも売上予測が直前にならないと立てにくい為困っています。定期的なミーティングの際に商談が進行していない案件に(問題のあるもの)に対応していましたが、もっと出来れば事前に気になる案件に対応できると良いのですが.....



ここで、A田さんのお悩みポイントを整理しましょう。

・Salesforceへの入力が難しいが、習得する時間を別に持つのは難しい。
・個人のPCやExcelで、活動入力やステータス管理をしてしまうため、商談の全体を把握しづらく、売上予測が立てにくい。
・完了予定日が近い、又は過ぎている案件への対応が遅くなってしまう。もっと早く気づきたい。

こういったお悩みをお持ちでした。
では、Sheetを導入する事で、どのように改善されたのでしょうか?





AFTER


Sheetを使えばExcelのライクに閲覧編集出来るので、Salesforce習得の時間いらず!

使い慣れたExcelのような一覧画面で閲覧しやすく入力しやすいので、Salesforceについて新たに学ぶ時間を設けなくても、入力がスムーズに出来るようになりました。Salesforceに不慣れな営業メンバーでも、Excelは使った事があるので、直感的に操作できるようになりました。


・活動入力も一括編集で。案件が多くても簡単!全体の把握は一覧画面で見やすく

操作が簡単になったので、活動入力やステータス管理を個人のPCではなく、Salesforceへ入力してくれるようになりました。今までは、沢山ある案件一つ一つに対しステータス更新をしていたのですが、コピー&ペーストで一括編集ができるので、気軽に更新できるように。本来の営業活動に時間をさけるようになったので、皆から好評です。
ステータス更新がスムーズになったので、ExcelのSheetのような一覧画面で、商談全体を把握できるようになりました。見やすく、売上予測も立てられるように。

・完了予定日が近い/過ぎている案件のみを絞り込み、必要なものにはTO DOの作成が可能!

Sheetには日付を細かく設定しフィルタリング出来る機能があるので、完了予定日が近い/過ぎている案件のみを、簡単に抽出する事が出来るようになりました。それらを、営業メンバーに対し、TODOでフォローアップを割り振りするようにした為、気になる案件を素早く見つけ事前に対応できるようになりました。


Sheetを活用する事でお悩みが解決し、業務の効率化がはかれました。
今回と同じような問題を抱えてしまっている方はぜひ参考にしてみて下さい。