Mashmatrix ブログ

キャンペーンに追加を簡単に!アクション機能を使ってらくらく一括登録

Salesforceにはキャンペーンという機能があります。キャンペーンを作成し、キャンペーンに対しリードや取引先責任者を「キャンペーンメンバー」として登録する事が出来ます。

Mashmatrix Sheet には、「アクションボタン」を配置する機能があり、フィルタした結果をもとにリードや取引先責任者をアクションボタンでキャンペーンに一括追加できます。他にも「Pardotメール送信」のアクションボタンを配置して選択したメンバーに対してPardot経由でメールを一括送信することも可能です。

そしてこの度「Sheet」では、リードや取引先オブジェクトだけではなく、「取引先責任者の役割」「キャンペーンメンバー」オブジェクトからも、メールを送信したりキャンペーンに追加するメンバーを選択する事が出来るようになりました。例えば「特定の条件の商談に携わっている取引先責任者の役割全てをキャンペーンに追加」や「キャンペーンメンバーのリストから、特定の条件を満たす取引先責任者にPardotメール送信」など更に幅広く対応いたしました。

Mashmatrix Sheetのアクションボタン配置例

null


今回は「成立済みの商談に関わっている取引先責任者に対してメールキャンペーンを行う」を例に操作方法をご紹介していきます。


1、キャンペーンを作成する

はじめにメンバーを追加したいキャンペーンを作成します。

  1. キャンペーンレコードを「新規作成」メニューから作成します。
  2. キャンペーン名(ここではメールキャンペーン)を入力
  3. 種別、状況、開始日、終了日などを入力(任意)
  4. 保存 をクリック

新規キャンペーン作成画面

null


2、「取引先責任者の役割」のシートを作成する

商談に参加している取引先責任者の情報は「取引先責任者の役割」オブジェクトに保存されています。そのため、「取引先責任者の役割」シートを作成し、「成立した商談に参加している/商談種別がライセンス追加である」 ものを抽出します。

  1. 新規シート作成ボタンをクリック。オブジェクトは 取引先責任者の役割 を選択する。
  2. 関連する商談オブジェクト内の「成立フラグ」項目を列として追加する。
    ≫列ヘッダメニュー>列を追加>「商談>成立フラグ」項目をチェックして選択
  3. 関連する商談オブジェクト内の「種別」項目を列として追加する。
    ≫列ヘッダメニュー>列を追加>「商談>種別」項目をチェックして選択
  4. 成立フラグ列を”チェックされた状態”でフィルタリングする。
    ≫列ヘッダメニュー>フィルタ>項目のステータス「チェックされた状態」を選択リストで選択
  5. 商談種別列を「ライセンス追加」など絞り込みたい種別でフィルタリングする。
    ≫列ヘッダメニュー>フィルタ>「ライセンス追加」をチェックして選択

取引先責任者の役割のシートに”成立フラグ”と”商談種別”を列として追加する。

null

成立フラグと商談種別をフィルタリング後

null


3、シートにアクションボタンを配置する

「キャンペーンに追加」ボタンをシートに配置し、選択したレコードに対して一括で操作をできるようにします。

  1. シートメニューをクリックし、設定をクリック
  2. 設定変更画面が表示されるので、アクションをクリック
  3. 左下にある「+」ボタンをクリック
  4. 新しいアクションボタンを追加画面が表示されるので、マーケティング>キャンペーンに追加>追加 をクリック
  5. 必要に応じてアイコンを選び、保存をクリック

設定変更画面でアクションボタンを配置する

null

アクションボタン追加画面 (マーケティング>キャンペーンに追加を選択)

null


4、取引先責任者を一括でキャンペーンに追加する

  1. キャンペーンメンバーに追加したいレコードのレコード選択チェックボックスにチェックを入れ選択する。(複数選択可能)
  2. 「キャンペーンに追加」ボタンをクリックする。
  3. ダイアログが表示されるので、追加するキャンペーンに1.で作成した「メールキャンペーン」を選択し、追加をクリックする。

メンバーを複数選択し一括でキャンペーンに追加

null


5、キャンペーンメンバーに追加されたかを確認する

  1. キャンペーンタブから、ステップ1.で作成した「メールキャンペーン」レコードをクリックする。
  2. キャンペーンメンバー>全て表示 をクリックし、正確に追加されているかを確認する。

いかがでしたでしょうか?

アクション機能を利用することでこの例以外にも「Pardotにメール送信」も一括選択でメンバー追加が可能になりとても便利です。(「Pardotにメール送信」「Todoの作成」のアクションボタンを追加する場合は、上記3−4で追加するアクションボタンをそれぞれ選択して下さい。)

またキャンペーンやキャンペーンメンバーをExcelのように一覧で管理でき、データの編集や管理状況の把握もスムーズに行うことが出来ます。とても簡単に設定できますので、ぜひご活用ください。

「Mashmatrix Sheet」を実際に触ってみる